2017年9月30日土曜日

17/09/30の更新分

アニメ作品「けものフレンズ」の監督降板の報によってSNSが大炎上
配給元のカドカワの株価が下がったとかなんとか
なにやら凄いことになっているようで・・・・・  



実はオカメって、この作品のことをよく知らなかったんですけど
これだけのニュースになるってことは
おそろしく人気のあるコンテンツだったんですね (^_^;)

人気が出てくると、色々大人の事情ってやつで(ぶっちゃけ「金」がらみ)
ゴタゴタするって~のは昔っから変わんないんですけど
今はSNS等による影響により
ファンサイドの声が即座に運営側に反映されるって~のが
なんとも時代だなぁ・・・・なんて感じてしまう昭和のオッサンなのであります(笑)

さて、つい先日発売された製作用の資材を購入しまして
これが中々・・・というか、かなり良い具合で
工具のコーナーに追加しようと、現在記事を製作中なんですよ♪

写真は撮り終わっており
後は記事を書くだけですので明日にでもアップ出来る・・・・はず?

ま、オカメはプロじゃないので
もし多少の遅延が発生したとしても

ヽ(*`Д´)ノ 許してくれぇぇぇ~~~~いぃぃぃ


2017年9月28日木曜日

17/09/28の更新分

タイガーシャークの完成写真アルバム
リンクを入れ替えてみました。

「それよかな、すげえのもってきてやったぜ!!」
「いくらで買う?」

「チョッとまってくれよ・・・くる早そう商談かい?」

「最新鋭だ!!まだどこの国も使ってない!!」
「おい・・・出してやれ!!」

ウイィィィィン

「あっ!!」

ズズズ・・・・・

「こ・・・こいつは!?」

「どうだ、最新鋭だろ!!」




「タイガー・シャークか・・・・」





キョ~~~~~ッ!!
F-20・タイガーシャーク エリア88、シン・カザマ仕様機の

ヽ(*`Д´)ノ 完成じゃ~~~い!!!!

あっはっはっはっは
いやぁ~~~~っやっぱエリア88は萌えますね♪

ついでに「倍率ドン!」で



ノーマル塗装機も同時完成!!

ウヒョヒョヒョヒョッ
こっちもムッチャカッコイイよね♪

はぁ~~~~・・・・・・

もう何度も言ってますが
この出来の良いキットを見てると
決定版と言えるようなタイガーⅡが・・・・欲しい!
むぅ~~~~っちゃ欲しい!!
そして作りたい!!!

こうなったら中国製でも・・・・と思ったのですが
購入を躊躇してしまうような高額になっちゃうのは困りもんなので(笑)
AMK(アバンギャルド・モデル)さんあたりが
この前のクフィルみたいな感じで出してくれないかしらん。



個人的にはハセガワさんから出して欲しいんですけどね (^_^;)

さて、お次はドラケンとスカイホークですね
こちらの機体も良い感じに仕上がってきていますので

( ̄∇ ̄) ・・・・・・・フッフッフ

まぁ~期待してお待ちくださいまっせ~♪

2017年9月27日水曜日

17/09/27の更新分



製作中のタイガーシャークですが
めでたく2機とも完成いたしました (^^ゞ

ってことで、ただ今最後の追い込み中なのですが
まぁ~とにかくムッチャカッコ良く仕上がってますので

乞うご期待♪

2017年9月24日日曜日

17/09/24の更新分

本日放映されたNHKの「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」で
愛くるしいニホンモモンガがとりあげられていたのですが
このモモンガちゃん
な、な、なんと!
毎年、春先に思いっきり悩まされるスギ花粉を
ムッシャムシャと食べちゃうそうなんです!

ってことはドンドン繁殖して・・・・



まぁ~増えすぎたら増えすぎたで違う問題が出てくるんでしょうけどね(笑)

そういえば、さいとうたかお先生の「サバイバル」かなんかで
笹の実が生る年はネズミが大発生して大変なことになるとかならないとか
なんかそういう話があったような・・・・・ (^_^;)

さて、F-20タイガーシャークですが
制空迷彩の方もツヤ調整が終わりまして


ウホホッ
「世界の傑作機」の表紙みたい♪

まぁ~あっちは手前がタイガー2なんですけどね (^^ゞ

しっかし、このF-20
素組でこの仕上がりだもんなぁ~(汗)

ううう・・・・・
またまたハセガワ製のE型新キットが欲しくなってきちゃいました(泣)

2017年9月23日土曜日

17/09/22の更新分

先月のモデルアート(2017年9月号)で
「エキスパートの七つ道具」という特集が組まれておりまして
その記事中で「コバックス トレカット・トレックス」という
紙とか布ヤスリみたいな製品を長谷川迷人が紹介されていたんです。

オカメって、耐水ペーパーに関しては不満・・・・というか
もうチョッとなんとかならんかなぁ~という点が多々ありましたので
どんなもんかと使ってみたのですが



な・・・・・なんじゃこりゃ?!

あまりの具合の良さにビックリ仰天!
「目からウロコ」どころか腸まで出てきてしまいそうに(笑)

オカメって、自分にとっては過剰だと思われるアイテムや作業とかには
あまり興味が無くなっちゃってるんですけど
こいう基本的な作業の省力化が出来るアイテムに関しては

ヽ(*`Д´)ノ ビビビビビッ!

脳髄にズッコ~ンと電気が走りまくりなのであります♪

おおお・・・・・
ありがとう・・・・・モデルアート
そして・・・・・



アハハハハ
こんな訳の分からんオッサンに感謝されても困っちゃうでしょうけどね(笑)

さて、気分が良いのでもういっちょ♪

製作中のタイガーシャークですが
とりあえずエリ8仕様の方だけ最終のクリア吹きを行いまして



グロス仕上げにしようかとも思っていたのですが
けっきょく・・・・セミグロスで仕上げることにしちゃいました (^_^;)

で、ツヤツヤ感が落ちると
汚しを全く入れてないので凄く地味・・・・というかなんというか(汗)

でも汚しは入れたくないし
う~~ん・・・・・こういう色の機体って難しいですね

2017年9月19日火曜日

17/09/19の更新分

うっひょぉぉぉ~~~~~~っ!
製作中のF-20エリア88仕様



ご・・・・ご覧のように
ムッチャクチャ良い感じに仕上がってきまして
も~~~~うテンション上がること上がること!
あんまり興奮し過ぎて
おっちゃん失禁しそうになっちゃいました(笑)

戦闘機ってテカテカは似合わないと思っていたんですけど
意外といけるんですよね・・・・・これが (^^ゞ

とまぁ~ウキウキ気分でプラモ作ってたんだけど



エアフィックス製ツカノの方が
色々とえらいことになっておりまして(汗)



とりあえず写真の状態まではもってこれたんですけど
ここまでに掛かった「けっこうな」手間に対して
スタイルやディテール、仕上がり等々は
ちょっと牧歌的というかなんというか・・・・・・

最初っから出来の良いキットがある幸せってやつを
ヒシヒシと感じさせていただいてます(笑)

ま、ここまで来たら
後はそう大した・・・・・・・いや・・・・・

(;^_^) なんも無かったらいいんだけどなぁぁ~~~


2017年9月16日土曜日

17/09/16の更新分



けたたましく鳴り響くヤフオクアラート(笑)

「目標を確認・・・・・・・」
「パターン青!希望キットです!!」



ってことで・・・・・・
フフフ・・・・・ファァァ~~~~ッハッハッハッ!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ オクでとうとう手にいれました



店頭、通販、共に全然置いてなかった(泣)
トランペッター製、1/72スケールのF-105Dサンダーチーフ!!!

聡明なる閲覧者の皆さんならばもうお分かりかと思いますが
このキットを手に入れたのはトンキン湾の人食い虎
「グエン・ヴァン・チョム」の機体を製作したいためでありまして
・・・・え?グエンってだれやねんって

ヽ(*`Д´)ノ キサマは100回!エリ8を読みやがれっ!!

最初はヤバイ系のキャラクターでしたが
話が進むにつれなんとも良い感じに変化していった
オカメの好きなキャラクターの一人なんですよね。
(OAVでは・・・・・「え゛?」でしたけど)

っていうか、エリ8のメインキャラで嫌いなのって
・・・・・・・・・・・・・・・あれ?
いねぇ~~ぞ、おい(笑)

と・・・とにかく!
何時になるかチョッとわかりませんが
この機体は必ず製作するつもりなので~あります (^^ゞ

あと、つい先日クレオスから新発売された「Mr.セメントSP/スーパーパワー」



これ・・・・・かなり良い感じですねっ!

久しぶりに工具コーナーに記事を追加しようかと思案中なんですけど
他に書かなきゃいけないことがいっぱいあるので
う~~~~~んオカメ、困っちゃう♪

ヽ(*`Д´)ノ なんてねぇぇぇぇぇ~~~~~っ

2017年9月14日木曜日

17/09/14の更新分

初代スケバン刑事だった斉藤由貴さん
不倫騒動でグッダグダになっちゃいましたね(汗)

お相手はお医者さんらしいですが
みるからにアレっぽい感じの人だったので
なんだか「う~~~~~ん」・・・・って感じ?

(;^_^) ニョホホホホ

ま、オカメも大人なので
その辺はなるようにしてなったと理解は出来るのですが
(良い事とは言いませんよ、もちろん!)
自分の青春時代、人気アイドルだった人がこうなっちゃうと





あはははは
いや、まぁ~ぶっちゃけオカメ的には芸能人の不倫問題より
400Rの方が重要だったりするんですけどね(オイオイ(笑))

さて、本日レビさんより封筒が届きまして
封を開けると中から超小型の割りピンがっ!
(色々ありがとうございます)

もう使わないとのことで送ってくださったのですが
そのサイズが内径0.5mm+0.1mm単位で2種の計3種!!

これ、鉄道模型用の資材だそうですが
こいうのを普通に使うってのが・・・・・



そういえばオカメが子供の頃って、お店の店頭に
SLや電車の凄い金属製作品が飾っていたりしたのですが
最近はとんと見る機会がなくなりましたね。

金属製の精密鉄道模型って、今でも盛んなのでしょうか?
子供のころは分からなかったんですけど
今の目でああいう作品を見たら・・・・・

(;^_^) 全っっっっっっっっ然!違って見えるんでしょうねぇぇぇ(汗)

ってことでこの割りピン



製作中のUH-60Jの下面にある
ロッド状のアンテナ支柱に使おうかと思案中なのであります♪

イ~~~~~ッヒッヒッヒッ

ヽ(*`Д´)ノ こりゃ~ええ感じになるでぇぇ~~っ!!

2017年9月12日火曜日

17/09/12の更新分

ウヒョヒョヒョヒョッ!
先日購入したハセガワ製VF-31Aカイロスですが

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 製作開始しちゃいます!!!!!



いやぁ~っ
マンガじゃネタにしてますけど
実際かなり良く作られたキットですので
機体の製作にはそんなに時間は掛からない感じです。

ただ塗装の方がですね
こう・・・・・バババ~~~ッと塗っちゃうだけじゃ勿体無いと言いますか
あんまり凝った塗装はしないと思うんですけど
機体の形状が現用機っぽい感じなので
いつもやってる位の塗装はしてやりたいなと思ってるんですよ (^^ゞ

とにかく凄くカッコよくて出来の良いこのA型キット
がんばって速攻で完成までもっていきたいと思います♪

あと、デルタの劇場版公開が発表されたようですが
個人的には初版マクロスやマクロスプラス
マクロスゼロみたいな作品が見たいんだよなぁ~
最近のマクロスはチャカチャカと動きすぎで・・・・
飛行機好きのオカメにはいまいちビビッとこないんですよね(汗)

2017年9月9日土曜日

17/09/09の更新分

先々週に開催された「関西オートモデラーの集い」の時
エレベーターに貼られていたポスターを見て気になっていた
「空飛ぶペンギンたちの模型展」
ちょうど日本橋に買い物がありましたので
本日、見学に伺わせていただきました (^^ゞ

で、ボークス大阪SRの8Fへ上がると



う~~~む・・・・むちゃくちゃ素晴らしいポスターですね
プロの方がデザインされたのでしょうか (^_^;)



クラブの展示会なので出品数はチョッと少なめかな





木目がいいねぇ・・・・・



1/24スケール・・・・やっぱデカイ!



ちょ~お巨大なバァ~ルキリィッ♪



ウォーターラインの正しい楽しみ方 (^^ゞ


さて、今回おじゃました展示会・・・・
スケール率高し!
というか全部スケール物で、ノンビリマッタリとした感じかな。

ガツガツも刺激があって良いのですが
こういう大人の作品展も悪く無いですぞ (^^ゞ

で、今回購入した品はといいますと



(*゚∀゚)=3 ムッフゥゥゥ~~~~ッ

使い勝手がどんなもんか分かりませんので
とりあえず製作中のVF-31Aに使ってみようかと思っております。

あと、ボークスとキッズランド、共に在庫がけっこうありましたので
欲しい方は買い物ついでに展示会見物!
な~んていかがでせうか♪

2017年9月6日水曜日

1/72 ハセガワ VF-31Aカイロスのファーストレビュー・・・的なもの (^_^;)

2017年8月末、昨年放送されたマクロスの最新作
「マクロスΔ(デルタ)」に登場する機体「VF-31Aカイロス」が
株式会社ハセガワより1/72スケールで発売されることになりました。

実は6月に主人公の搭乗機であるVF-31J型が発売されていたのですが
正直、本編の方がチョッと残念な感じだったので(汗)
J型は思いっきりスルーしちゃってたんですよね (^_^;)

でも今回発売された一般機のA型は・・・・・





劇中での活躍は殆ど無かったにもかかわらず
機体デザイン&カラーリングが凄く良かったってことと
ハセガワさんのマクロスシリーズだってことで!
ハセガワさんのマクロスシリーズだってことで!
ハセガワさんのマクロスシリーズだってことで!
(大事なことなので3回書きました(笑))
速攻で購入しちゃったんです (^^ゞ

で、とりあえず購入はしたけれど
作るのは先にしようかなぁ~なんて思ってたところ
箱を開けてパーツを見たら

ヽ(*`Д´)ノ ビビビビビッ!!!!!

あははははっ
オカメのハートにズッキュ~~ンときましたので
このキットのファーストレビューをやっちゃいます♪

今回は画像クリックで1024×768サイズが見れるようになってます



まずはボックスアート!

同社マクロスシリーズでお馴染み
天神 英貴氏によるイラストが・・・・ステキ♪

ステキよっ!お客さぁぁぁ~~~ん!!



箱をあけて中を見てみると・・・・・

う~む、けっこう~ドッチャリとパーツがありますね (^_^;)

でもバンダイ製品のように可動を狙った設計ではなく
あくまで機体形状の再現によるものや
バリエーション展開を狙っての分割ですので
オカメ的には問題無し・・・・・というか

( ̄∇ ̄) むしろウェルカム!!!!!

ま、写真を見てもらえば分かるように
小さいパーツはそこそこありますが
肝心の機体自体は大きく一体成形されていますので
それほど手間は掛からないと思います。

というか、仕上がりに影響してくる「精度の高い組み立て」を
楽~に出来そうな+点の方が大きいかな?



デカールは、カルトグラフではありませんが
大判でシルク印刷の良さげな品が付属。

キャノピー等のクリアパーツは
透明度の高いプラ&磨きこまれた金型でビッカビカ♪

飛行機モデラーのオカメとしては
ここがダメだと一気に萎えちゃうんですよね~ (^^ゞ



さて、それではパーツを切り出して仮組みしてみましょう。

パチン、パチン
・・・・・ムムウッ (^_^;)

なんか素材のプラが、同社の昔のキットに比べると
少し柔らかい感じがします。

と言ってもブヨブヨした樹脂みたいな感じではなく
あくまでプラとして柔らかさなので
加工性とかを考えれば、これは好ポイント♪

ゲートは「あ゛っ?パチ組み?なによそれ!」って感じで
アンダーゲートとかはまるで無し(笑)
ただ、出来るだけ組み付け時に内側に収納される位置にもってきたりと
多少はそういうことに配慮した設計はされています。

表面に施されたスジボリは細すぎず太すぎず
まさに「航空機模型的な仕様」なっておりまして
この辺は「さすがハセガワは分かっとる!」って感じかな (^^ゞ

ただ、写真のように箇所によって浅い所があったりするのが
まぁ~ご愛嬌・・・・というかなんというか(笑)
ただ、柔軟な素材のうえに「そこそこの溝」は残ってるので
彫り直しは楽そうかな?



細かい部分の形状とか作りは
ご覧の通り・・・・かな~~~~り良い感じです♪

さらにパーツの精度も良好なので
シッカリと位置を合わせを行い流し込み接着剤をチョンとやるだけで
カッチリとした仕上がりにすることが出来そうですね。



キャノピーは薄すぎず厚すぎずで
強度と見栄えのバランスがちょうど良い感じになっています。

また、VF-1のようなバブルキャノピーではありませんので
パーティングラインの処理をしなくて良いってのも
作る側からするとチョッとラッキー (^^ゞ

もちろん写真のように、機体側とのフィッティングもバッチリ!
飛行機モデルに慣れていない方にとって
ここの作りが良いっていうのは
凄~~~~~~~くありがたいんじゃないでしょうか♪



次に、カナードの取り付けがピン&ホールではなく
タブ&スロットになっているのもオカメ的には超高ポイント!

可動状態の再現とかには不便になりますが
そこまでやるような人は自分でなんとかするでしょうし(笑)
それよりも、こういう微妙な部分が
だれでも、簡単に、間違いなく(取り付け角度等)、高強度で
作れるというのは凄く良いことだと思います (^^ゞ



あと、ノズル周りもかなり良い感じになってます
ごらんのように簡単に組み立てて
しかもカッコ良く仕上がるようになってます♪

VF-25はノズルに付く足首のカバー部分が
ファイター形態時に不自然で凄くかっこ悪く
以前、同社の25を作った時に
「なんでハセガワ・アレンジにしてくんなかったのかな~」
なんて思ったものですが・・・・・(遠い目で)



あと、VF-31って胴体中央部が脱着式のコンテナになってんですね

このキットでも写真のようにコンテナが差し込みになってるんですけど
中々面白い構造・・・・・っていうか

(;^_^) やっぱ河森正治氏は凄いわ



さて、個々のパーツや作りに関しての説明はここまでにしておきまして
ここで全体の構造を掲載しておきます。

写真のように、胴体、左右エンジン部分、ノズル等々
ある程度分解した状態で個々に作業を進めることが可能な構造は
製作する側にとっては大きなメリットになりますね

さらにパーツの精度が高いので、ある程度作りなれた人でしたら
かなりサクッと完成させることが出来ると思います♪

さぁ~それではこれらのパーツを合体して
完成時のスタイルを見てみましょう (^^ゞ











ぬうぅぅぅぅっ・・・・・

(;^_^) か・・・・・カッコエエやないかい!!











仮組みをしている時には
機首周りのボリュームが不足しているように感じたんですけど
キャノピーを取り付けると違和感が薄れる・・・・といいましょうか(汗)
意外と悪く無い雰囲気になりますね♪

でも、まぁ~・・・・・・
個人的にはもうチョッと大きめにアレンジして欲しかったかな (^^ゞ


メーカーの完成作例を見たとき
機首先端部分の「上ゾリ形状」が少し気になったのですが
「組み立てた立体の機体」を「肉眼」で見ると
全然悪くないんですよね、これが (^_^;)

これはメーカーのカメラマンさんが悪いってんじゃなく
「そういう風に写ってしまう形状」が原因のようでして
オカメも自分で現物を撮影してビックリしてしまいました(汗)

ほら、「写真」って凄く上手に嘘をつくでしょ?
ようはアレの逆ってこと
でもね・・・・・
これは実物を見ないと分かりませんから

(*^ 3 ^)b ヘイ!YOUも買っちゃいなYO!!




YF-21の香り漂うデザイン!
クゥ~~~ッ
現用ステルス機っぽさがムッチャカッコイイですね (^^ゞ

さて、とりあえずこれにてファーストレビューは終了です。
本格的に作業を行う前なので細かい所の紹介は出来ませんでしたが
パーツの状態とか組んだ時のシルエットとか
そういったキットの雰囲気的なものはお伝え出来たんじゃないでしょうか。

で、とりあえず仮組みしたオカメの感想はと言いますと

チックショォ~~~~ッ
ハセガワめぇぇぇ~~~~~っ・・・・・・

ヽ(*`Д´)ノ やっぱハセのマクロスシリーズは最高やんけっ!!

あっはっは
これこれ、これですわ(笑)

さらにさらに!
VF-25の時と違いアニメの製作段階から関わっていたからか?
25系より気合の入った作りになっているような気もする
(オカメの勝手な思い込みでしょうけど(笑))
各種のVF-31系キット!
オカメと一緒に皆さんも作ってみませんか?

(●^o^●)凄く良く出来たキットですぞぉぉ~~~~っ♪

最新の更新履歴

11.18 製作中のショート ツカノ T.1を更新
11.17 製作中のA-4Bスカイホーク(エアフィックス)を更新
11.16 製作中のコスモゼロを更新