2015年6月30日火曜日

15/6/30の更新分

先週の土曜日、久しぶりに日本橋へ買い物へ。

お目当ては、そう!新しく発売された
プラッツさんのT-2前期型!!

いやぁ~待ちにまったノーマルカラーのT-2でしょ
もうね、むっちゃウッキウキだったんですよ♪

で、ルンルン言いながらボークスさんの5Fへ上がったら



なんとなんと!
そこに1/72のトムキャットがあるじゃ~ないですか!!

横にモデルグラフィックが置いてあり
すぐに例の付録キットをいうことが分かりましたので
そら~もう

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ガッッッツリと食いついてしまいました

展示台がガラスになっていますので
上から下から、そら~もう、なめまわすように(笑)
キットをチェック!

・・・・あれ?
これ、前に柳井さんが作ってたトムキャットやん (^_^;)

ふ~む・・・・なるほど
紹介用と言う面を意識してか、かなりウェザリングを控えており
キットの雰囲気や作り等々が分かりやすいように製作されています。

う~ん・・・これ、中々良いんじゃないかな
トムキャットに対しての知識がありませんので
外形とか考証とか、細かい所は分かんないんですけど
こうして完成形を目にすると、素直にカッコイイと感じました。

また、なによりオカメが一番魅力的に感じたのは
「凄く作りやすそうだ」ってこと。

ちょうどハセガワ新版のトムキャットを製作中なのですが


現在こんな感じで悪戦苦闘していますので
この製作しやすさってのはムチャクチャ魅力的に写るのです(笑)

大阪近辺に在住で、MG付録のトムキャットに興味がある方は
一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

と、そうそう
他にも書くことがあるのですが、今日はここまで
次回に続きます

あと、前回の更新用に書いていたイラストを
(ってほど高尚な物でもないんですけどね)
うっかり掲載するのを忘れてまして(汗)

このままボツにするのも勿体無いので掲載しちゃいますね


う~ん、ほんっと、ハセガワのガウォークってカッコイイんだよなぁ
しかも来月発売されるストライク型って・・・・

(´;ω;`) ううう・・・フォッカー仕様なんですよね

2015年6月28日日曜日

15/6/28の更新分


さぁ~皆さんお待ちかねの


(●^o^●)キョ~~~~ッ!!!

ハセガワ製・VF-1Jガウォークバルキリーの
完成で~~~~~っす♪


ど~うですか皆さん? このカッコ良さ!
な~んにもイジッてなくてこれですよ、これ
デカール使って素組みで・・・・これ

仮組みした時にスタイルが良いことは分かってましたが
まさかここまでカッコよく仕上がるとは・・・

(´;ω;`) ハセガワのお仕事・・・・マジパネェっす(笑)


いやぁ~
キャラクターモデルを作って、こんなに興奮したのって
ほんっと~に久しぶりだなぁ~
なんて考えながらギャラリーの更新をしていたら・・・・

ハウゥッ!!!

なんと最後に製作したのが2007年の7月
え~っと・・・つまり

(;^_^) 8年も製作(更新)してなかったのねん

いや、まぁ~マクロス関係は色々作ってたんですけど
ギャラリーを「種別」で分けちゃったからなぁ・・・・・
いくらなんでもこのままだとチョッと寂しすぎですので
これからはキャラクターモデルのギャラリーも
もう少し充実させていきたいですね。

と言っても、最近ビビビッとくるような
キャラクターモデルが無いんだよなぁ・・・

2015年6月27日土曜日

15/6/27の更新分

ウヒョヒョ~~ッ♪


プラッツのT-2前期型、購入しちゃいました (^^ゞ

オカメの大好きな空自の練習機
箱絵を見てるだけでヘラヘラ、ヘラヘラ

プラッツさ~ん、愛してるよ~っ(笑)

さて、他にも書くことがあるのですが
それは後日ということで・・・・・

なぜって?
ふっふっふ、今からお仕事だからです (^^ゞ


このテンションの高さから想像がつくと思いますが
ま、お楽しみに~っ

2015年6月25日木曜日

15/6/25の更新分

さて、クリップからハジキ飛ばされたパーツの行方を
状況から推理してみることにします。

見た目は大人、頭脳は子供、その名は・・・名探偵コナン
じゃなくってオカメっ!


ま、クリップが向いていた方向が分かってますし
何か小さい物が下に落ちた音までしていましたから
この方向のどこかってことは簡単に推理が可能ですよね (^^ゞ

更にパーツ自体の大きさも極小ってわけでもありませんので
チョロッと探せば簡単に発見できるはず♪

な~んて感じでパーツを探し始めたのですが・・・

あ・・・あれ?あれれれれぇ~~~っ??
おっかしいなぁ~・・・・・・

段々高まってくる鼓動に流れ出す冷や汗
目に見える範囲は全て見たのにパーツが見つかりません(汗)

こんなの楽勝で見つかるだろうと思っていただけに
反作用でオカメのガラスのハートが崩壊寸前にっ!


部屋中ひっくり返すくらいなら新品を買って部品取りしようかな
でもそうなると完成が遅くなっちゃうし・・・・
な~んて半泣になって考えていたところ

な、な、なんと!
予想していた反対の方向からパーツがヒョッコリ♪


キョ~~~~ッ!

(´;ω;`) た・・・助かったぁ~~~~っ

時間的に大助かりって~のももちろんですが
ちょうどこれから新しいキットを何点か購入する予定だったので
金銭的&スペース的な面(笑)でも大きかったりするんですよね♪

てなわけで、今週末までに完成するのが決定~~っ!
ウヒョヒョヒョ~~ッ!!

あ、そうだ気分がノリノリですので
塗装し終わったフィギュアの写真をアップしときます。


はい、ド~ン!

ま、複製品なので少しユルイ感じになっちゃってはいますが(汗)
実物は1/72スケールとかなり小さい物ですので
肉眼で見るぶんには結構~いけてるんですよん♪


しかし今回の部品・・・・なんで反対側に飛んでったんでしょうね?

・・・・はっ!もしかして
これは妖怪のしわざなのかもしれません

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ゲラッポ!

なんてね~

2015年6月24日水曜日

15/6/24の更新分

ウッキョ~~~ッ♪

先々週ロールアウトした現用機2機に続き
今週末までにはガウォークも完成出来そうです v(^^ゞ


で、付属のパイロットフィギュアを現在製作中~

え?これキットのパーツとちゃうやろって
ははは・・・すんません、複製品です(汗)

現状、ベースのホワイトは塗装済みになっていますので
後は面相筆でチョチョイのチョイ・・・な~んてね (^_^;)



と、まぁ~こんな感じでノリノリに作業が進んでいたのですが






なんと!
クリップで挟んでいた肩のパーツが・・・・

ピョ~~~~ン

(´;ω;`) どこかに飛んでいってしまったのです

片腕全体を支える強度が必要となるパーツですから
自作パーツで適当に・・・・・とはいかないんですよねぇ

ちなみにパーツを発注すると900円(泣)

ヽ(*`Д´)ノそんだけ出すんやったら丸ごと買うっちゅうねん

2015年6月21日日曜日

15/6/21の更新分


少し遅くなちゃいましたが(汗)

長年「ドラえもん」のジャイアンの声を担当されていた声優
たてかべ和也さんがお亡くなりになったそうですね

オカメみたいな昭和のオッサン世代には
もの凄~~~~く馴染みのある声優さんだっただけに・・・・

そういえば
ジャイアン以外にもタイムボカンシリーズのトンズラーやドテチン等々
太くてマッチョなイメージのキャラクターを多く演じられておられたため
ご本人の容姿が想像と全然違っており
かなりビックリしたって~のも懐かしい思い出です。

なんかオカメが若い頃に活躍されていた俳優や声優さん達の訃報を聞くに付け
昭和は遠くになりにけり
な~んて複雑な気分になっちゃうんですよねぇ(泣)



2015年6月16日火曜日

15/6/16の更新分

現用機2機をロールアウトさせることが出来てホッと一息
・・・・と、いきたかったのですが


そう!皆さんのご期待に答えるため
オカメはつねに前へ前へ突っ走るのです!!

なわけで、現在進行形の機体が・・・これだっ


ジャ~ン!

ウヒョヒョヒョヒョ~ッ
思いのほか良い感じに仕上がってきた鐘馗様♪

ウムムム・・・・・現用機を完成させた「勢い」で
たまっている自衛隊機の方も作業を進めてしまいたかったのですが
こっちの機体にもクラクラきちゃってるので
いったいどうなることやら・・・・・


(;^_^) こりゃ困ったな

2015年6月14日日曜日

15/6/14の更新分

ジャ~~~~ン!




Su-35Sフランカーの完成でぇ~っす♪

そして本日、もう一機のロールアウトは・・・・



 

F-8クルセイダーのフランス海軍仕様機!
こっちもカッコイイよね、うん

さて、昨晩完成させた時はムッチャテンションが高く
TOPページの方でも色々書こうと思っていたんですけど
最後の仕事が大変で(まぁ~2機ぶんですからね)現在クッタクタ
もう書く気力が・・・・・あううぅ~

やっぱ物事は計画的にやんないとダメですね (^_^;)

2015年6月12日金曜日

15/6/12の更新分

キョ~~~ッ!
しばらく完成と言う字から遠ざかっていましたが
今週中に、まずは2機ロールアウト出来そうです♪

で、その機体は・・・・



 (ゝω・)v この2機ね

まだ細々したところが残っていたりするのですが
ん~・・・・
ま、2日もあればなんとかなるんじゃないでしょうか

ってか、こうして並べるとフランカーでっけぇっすね(汗)


さぁ~スパートをかけて一気にいっちゃうよぉぉ~~~っ


2015年6月8日月曜日

15/6/08の更新分

芸能人の趣味などを取り上げて突っ込んだトークをする
テレビ朝日の夜番組「アメトーーク」
中々面白いので見てるんですけど
先々週のお題が「キングダム芸人」だったんですよね。

番組が始まると、漫画「キングダム」が好きな芸人さん達が
ワイのワイのと盛り上がって、しゃべることしゃべること (^_^;)


と、その時はクールに(笑)キメていたオカメですが
数日後・・・・・




いやぁ~結構~面白いのね、この作品
グイグイ引き込まれ、チョッとハマってしまいました (^_^;)

実は前から作品の存在自体は知っていたのですが
原泰久氏の絵がいまいち好みでなかったので
キチンと読む機会を作らなかったんです。
でも番組内で繰り広げられる内容解説&盛り上がりを見て
これは面白そうだなぁ~・・・・とね。

アメトークのアッピール力、恐るべし(笑)

しかし番組中でも述べられていたのですが
この作品の時代、つまり秦の始皇帝が活躍していた頃って
日本じゃまだ弥生時代だったんですよね・・・・

(;^_^) う~ん、やっぱすげえわ古代中国

2015年6月5日金曜日

15/6/05の更新分

朝食に出てきたゆで卵
パッカ~ンと割ってみたところ・・・・


半熟も半熟
白身も一部が固まっていないような超~半熟です!

いや、一応食べれないってこともないんですけど
オカメは固ゆで卵主義(ってどんな主義やねん(笑))なんですよね

で、プンスカプンスカ言っていたら


そう、「カリオストロの城」風にしてやると
ただの半熟ゆで卵も高級感バリバリの高級食材に(笑)


そういうや伯爵って、何も付けずに黄身をすくってましたけど
塩くらいは掛けないとオカメはチョッときついかなぁ(笑)

そいうえば、美味しんぼで半熟卵のトリュフソース掛けが出てましたね
ああ・・・あれは美味しそうだった

(´;ω;`) ううう・・・なんか夜食が食べたくなってきたブヒ

ハセガワ新版 F-4EJの作り方 その2

では胴体パーツを組み立てていきましょう。

え~っと
このキットの製作に関しては、人により手順に違いがあるとは思われますが
ここではオカメが現在行っている手順を紹介しますので
「ひとつの例」として見てくださいね (^_^;)

今回は画面をクリックすると大きくなります


ではパーツの接着作業に入りますが
この時、オカメは一度に全面を接着せず
まずは写真のように瞬間接着剤を使用して
垂直尾翼から接着するようにしています。

理由は、この部分のパーツが薄く成型されており
溶剤系の接着剤使用により、後から変形する可能性を無くす為と
接合面に発生する隙間を埋める為。

このように瞬着を使用して接着してやれば
溶剤の成分によりプラがブヨブヨになる可能性はゼロですし
ラダーの後端を削り込みたい場合にボロッと穴が開くことも防げます。

ちなみに、オカメは硬化時間に余裕があり(つまり位置調整が楽)
隙間埋めの効果の高いゼリー状瞬着を塗布し
写真のようにクリップを使用して接合させているのですが
この時、はみ出した瞬着がクリップに掛からないように注意してくださいね

で、垂直尾翼の接着(硬化)後
胴体側の合わせ目を流し込みタイプの接着剤を使って
ガッチリと固定(溶着)してやれば接着作業は終了です。

基本、精度の高いキットで特に問題は発生しないとは思いますが
作業時に接着位置の確認だけはしっかりとしておいてくださいね
ここまでガッツリ接着しちゃうと
修正、つまり剥がして再接着は殆ど不可能ですぞ (^_^;)


胴体に続いて機首側と先端のレドームを接着するのですが
こちらに関しては特にどうこうと言うこともなく
普通に接着するだけでOKです。

さて、これにて写真のように
機体を構成する4パーツが出来上がりました♪

後はこれらのパーツを接着していくのですが
前から後ろにかけて接合する時
各パーツが真っ直ぐになるように注意が必要です。

そのまま組むだけでも殆ど気にならない位になるとは思いますが
更に精度を求める方は、レドーム、機首、胴体の3パーツを
左側と右側に分け、平面な板の上で先に接着
ワンピース状にしてから左右を接着するという方法もあるようですよ。

オカメは左右パーツのモールドの合わせを重視して
今回の組み方をしているのですが
まぁ~その辺は好き好きってことでね (^^ゞ


胴体と機首パーツを接着する時の注意点は
接合箇所に段差が発生しないようにするということでして
仮組みの段階で状態を見て(必要なら調整する)おけば
写真の赤丸部分のように綺麗にアウトラインが繋がって
後で修正する必要がありません。

とは言え完璧にピタッと合わす事は難しいので
いちおう組み立て時に留意しておき、発生するのが小さい段差なら
後から少量のパテで修正するって位で良いんじゃないかと思います。

あと、左右パーツの上面接合箇所(青枠部分)に
丸いパネルのモールドが前から後ろにかけて数箇所ありまして
このモールドの彫りが、最初っから「抜き」の関係で
消えかけって位に浅くなっていると思いますので
この段階で写真のように深くしておくことをお勧めします。

合わせ目消しの作業、つまりこの辺りをガリガリ削っちゃうと
元のモールドの位置が全く分からなくなってしまい
彫り直しする時、バランスよく真っ直ぐに並べるのが
ちょっと難しくなってしまうんですよね (^_^;)

ま、やってみると色々と面倒な作業ですから
思い切ってこの部分のモールドを無視しちゃうって~のも
選択肢としては「あり」なんじゃないでしょうか。

ちなみに、プラッツさんのコーションデカールは気が利いてて
この丸モールド部分と黄枠部分にある変形パネルのモールドを
デカールで「簡単に」再現できるようになっています。

でも現在は入手難って~のがちょっと問題なんだよなぁ(泣)


さて、次はインテークパーツを胴体に接着してあげましょう。

キットの製作手順に従うと
インテークは先に外側と内側を接着してからとなっているのですが
オカメは単品で胴体に接着するようにしています。

まずは写真のようにインテーク内側のパーツを先に接着。
この時、パーツ外周にある「バリ」はシッカリと取っておきましょうね。

次にパーツを接着してあげるのですが
即硬化しないタイプの接着剤(オカメはタミヤセメント)を使用し
微妙に調整が出来るようにしておきます。


次に外側のパーツを接着するわけですが
この時の注意点は、赤枠で囲った「胴体側との接合部分に発生する段差」が
最小になる位置にしてあげるということです。

また、この時に青枠で囲った内側パーツとの接合部分も
綺麗にツライチになっていることも確認しておきましょう。
後はサラサラ系の接着剤を隙間に流し込み
ガッチリと接着してあげれば作業完了~


今回のポイントは、接着する前にシッカリと仮組みしてあげること
基本的に精度の高いキットですから
バリ取りをシッカリとするだけでカチリと組めると思いますよ (^^ゞ


それでは胴体と主翼パーツの接合に取り掛かりましょう。

まず左右の主翼間に胴体を仮止めしてみてください。

どうです?
写真の赤丸部分に小さい段差が発生していませんか (^^ゞ

ここをパテ等で直そうとすると意外と面倒なので
今回は別のやり方を紹介しちゃいます


あっそうだ!先に書いておくのを忘れてた!!

オカメはこの新版F-4EJを作る時
後から修整作業が必要になった時のため
写真のように胴体下面の合わせ目は接着せずに組んでいるんです。

ま、ほんとは最初の段階で
バチリ全体を仮組みしておけば間違いないんですけどね(笑)

さて、今回は後ろの方を広げたいのでこのように加工してみました。

まず胴体全体が広がると主翼パーツへのはめ込みがキツくなってしまうので
赤枠部分のように、曲げたい位置に切り込みを入れてやり
(オカメはモーターツールを使って適当にザッと切っちゃってます)
その後、青枠の位置に薄いプラ板を挟んで幅増しし
主翼パーツに胴体を差し込んでやると


こんな感じで段差&隙間が無くなってくれます♪

代わりに赤枠部分に少し段差が発生しているかもしれませんが
この部分はプラの厚みが薄くなっていますので
チョッと押さえて接着してやるだけで簡単に調整が可能です。

さて今回の修正方法ですが
プラモに慣れていない方や道具が無いという方にとっては
チョッとしんどい作業になってしまうかもしれません。

なので発生している隙間が小さいようならば
下側を削るか上側にパテを盛るか
はたまた「見てみないふり」・・・・なんてのもありかな(笑)

ま、このあたりはケースバイケースで選択しちゃってくださいね。

あと、主翼と胴体を接合する時
黄丸と緑で囲った部分を削り&面取りしておいてあげると
組み立てが楽になりますよ

2015年6月3日水曜日

15/6/03の更新分

なんかインコネタが続いちゃってますが(汗)

録画したままになっていた番組を消化していたところ
先々週の探偵ナイトスクープという番組内に
視聴者の「ハシビロコウの匂いを嗅ぎ他たい」というお題がっ!

オ~~~ッ!こ・・・これは!!と
ワクワクしながら再生してみました (●^o^●)

このハシビロウコウ、中々の希少鳥なのですが
滋賀県のピエリ守山というショッピングモール内にある
堀井動物園という施設で飼育されているそうなので
早速、タレントの間寛平(カンペイ)さんと依頼者がこの施設へ・・・

お~~~~っ!
初っ端、入り口のゲートをくぐったところにキバタンがいるぅ~~~っ♪

で、ハイテンションになったインコ好きの依頼者を見て
キバタンちゃんが


ヘッドバンキングでお出迎え(笑)
クゥ~~~~ッ・・・・・♪

ってか、インコとかオウム(特に大型の子)って
なんでこうもヘッドバンキングするんでしょね (^^ゞ

で、依頼者が、最初にこの子の匂いをクンカクンカ
続いてハシビロコウさんの匂いもクンカクンカとテイスティング(笑)

 ( ´ー`)y-~~ ほんっと、鳥好きはどうしようもないなぁ~

なんてね・・・・ははは、すんません
正直言ってスッゲェェェ~~~うらやましかったです(笑)

はぁ~キバタンかぁ~
大型のオウムもモフモフしてみたいけど
もし噛まれちゃったらドえらいことになっちゃいそうですね (^_^;)



最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動