2014年12月31日水曜日

職人堅気 精密R面取りツール Rボコ

皆さ~ん、プラモを作ってますか~ (●^o^●)

さて、今回はR面(曲面)用の切削ツール
職人堅気・Rボコ を紹介したいと思います。

中々マニアックな商品展開をされている
株式会社シモムラアレックさんより発売されているツールで


写真の通り、パッと見は「ただの鉄板」で
税別で1600円のお値段を見ると
・・・・・・チョッとなぁ~ (^_^;)
って感じちゃう方も多いと思います

が、このただの鉄板(笑)が中々の優れ物でして
オカメも使ってみてビックリ!
その勝手の良さに衝撃を受けてしまったのでした。

おそらく購入までは至らないが興味はある・・・・
と言った方も多いと思いますので
今回レビューを判断する時の参考になさってくださいませ

では、始まり始まり~っ♪


さて、製作するプラモデルによっては
写真のように一体成型されているパーツにズレが発生していたり
接着するパーツ間に寸法の誤差があるため
大きな段差が発生してしまう時があります。

こういう時、平面なんかだとヤスリ掛けすれば良いだけなのですが
問題は写真のように段差が曲面に発生している時・・・・

そう、プラモを作る方なら分かると思うのですが
この曲面位置の整形って意外と難しかったりするんですよね

ここで役に立つのが、そう、今回紹介するRボコなんですよ (^^ゞ


使い方は至って簡単
写真のように段差が発生している箇所に工具を当て
カンナ掛けのようにゴリゴリとプラを削っていくだけでOK♪

もちろん工具には多数のサイズが用意されていますので
大から小まで、さまざまな修正箇所の曲面に
これ一つで対応することが可能になっています。


ある程度削り終わったら
表面を軽く耐水ペーパーやスポンジやすり等で均してやれば
写真のように、綺麗な曲面に仕上がってくれました♪

(`,,・ω・,,´) う~ん、素晴らしい!

さて、今回の「職人堅気・Rボコ」はいかがでしたでしょうか。
修正箇所の多い古いプラモデルとかを製作する時や
綺麗な曲面に整形するのに、かなりの手間とスキルが必要になってくる
小さいRの整形箇所等々・・・・
今回のこの工具を使えば、楽に、早く、しかも綺麗に処理できますから
このお値段も費用対効果を考えれば悪くはないかと (^^ゞ

ただ、無ければ無いでどうにかなっちゃう物ですし
たとえばお金が無い学生さんとかでしたら
無理をしてまで買う必要性は低いと思います。

初めのうちは自らの手で処理を行い
先にこういう所のテクニックを身に付けてから買った方が
良いんじゃないかなぁ~

反対に、オカメのように在庫の増殖に製作スピードが追いつかない人や
忙しくて中々時間の取れない人なんかには
(積みキットの)消化促進に効果のあるこの工具は
ムッチャお勧めですね(笑)

(●^o^●) ではでは