2013年5月11日土曜日

モデルアートプロフィール 航空自衛隊F-15イーグル (2009.3)


2009年3月!とうとう・・・・と言いますか
有限会社モデルアート社より、日本の空を守る「荒鷲」の資料本
「モデルアートプロフィール 航空自衛隊F-15イーグル」が発売されました
今回も最高の内容になるのは分かってますから、発売前からもう~ソワソワしまくりでして
発売日に速攻で本屋に駆け込んだのでありました。
ではレビューの始まり始まり~っ


まずは表紙。
前回からの流れをくんだ物で、もう見ただけで・・・・・
ブルブルブル・・・・興奮してオシッコちびっちゃいそうです(笑)

最初はいつもの実機のカラー写真が7ページ
う~ん、やっぱ日の丸が付いてるイーグルは最高に渋いですなぁ~


次は実機解説等の読み物が3点
内容は、機体の歴史、元イーグルドライバーへのインタビュー、整備員さんのお話など
あまり長文でなく、サクッと読めてちょうど良い感じ♪
特に実機をガンガン振り回しておられた戦闘機パイロットのお話って、読んでて面白いなぁ
空を鳥のように自由に飛び回れるパイロットってオカメの憧れなのです。


さて、今回見た瞬間に鼻水が飛び出したのがこれなのであります。
自衛隊のイーグルはその運用期間が長く、何度か、また現在進行形でも
アップデートが施されており、その各型の外見上の相違点等々が
ヌル航空ファンのオカメには分からず、どこをどうしてよいのやらサッパリでした。
で、今回の「図解 J型の変遷」
そう・・・これ・・・・これだよ! これなんだよ!!!!
6ページに渡り、写真のように図解で分かりやすく説明してありまして
ああぁぁぁぁぁぁ~笑いすぎて頭がどうにかなっちゃうぅぅぅぅぅぅ



で、これがメインの濃~~い実機ディテール写真集が59ページ
内容ですが、いつものことながら
(*^ 3 ^)b  もぅ~言うことなし!
ほんと、毎回全部お見せ出来ないのが歯痒い位の物でして
これぞ正しく「プラモ製作のための実機写真集」ですよホント
特に今回キャ~ッっと叫んでしまったのがコクピット後方にある機器室の詳細写真!
この辺り、結構困っていたモデラーの方が多いんじゃないでしょうか
む~・・・さすが模型誌の別冊ですね、よく分かってらっしゃる
改修前後のコクピットの写真や例のIRST搭載機&形態Ⅱ型の写真もありますし
ホンマ・・・ヤリスギデッセ、アンサン


キタ~~~ッ!!
「F-15J/DJ ウエザリングの検証」が4ページ
ジョワァ~・・・・・・あ・・・・・・感動のあまり・・・・・ちびっちゃいました (⊃ω⊂)
この大きい写真に打たれているウエザリングポイントの番号に沿って
次のページで、各分の汚れ方、なぜそう汚れるのか?等々がガッツリ説明されており
「汚カッコイイ」自衛隊機のウエザリングに役立つことこの上なし
自衛隊機大好きモデラーは必見ですぞ!マジで

次はいつものイラストによる基本塗装が6ページ
やはり基本塗装がしっかりしてないと、どうにも締まらないですからね
毎度のことですが、このイラストがまたイイんだなぁ~
あ、そうそう90式空対空誘導弾AAM-3のイラストですが
キャプティブ弾と実弾のイラストが入れ替わっておりまして(笑)
グレー単色が実弾ですのでご注意を
っていうか、前後のサイドワインダーやAAM-5のイラストを見たら気が付くかな (^^ゞ



★はい、モデリングガイドです
今回は32×1機48×2機72×1機の計4機
クックック・・・今回もモデリングに役立つ情報が色々載ってまして
笑いが止まりませんなぁ~
そしてオカメが好きな72の作例ですが
今回は最新アップデート版の形態Ⅱ型で製作されておられまして
自衛隊機好きなオカメはもうね・・・・・ウヒヒヒ

では総評です
前回にもまして、今回も濃~い内容で最高でしたね。
あまりに褒め過ぎで、お前は太鼓持ちか?って言われそうですが(笑)
別にお金をもらっているわけでもありませんし、自衛隊機が好きな、いちモデラーとして
こういう本が出ることが本気で嬉しいからこうなっちゃうわけなのです。
もちろん嬉しいからというだけではなく、内容的にも空自のイーグルを作りたい方には
絶対に良い本です!と、自信を持っておすすめ出来る内容だと思います。
まぁ~、まずは店頭でチョイと覗いて見てくださいな
自衛隊機好きなモデラーなら、これでたったの2500円なんて!と叫んじゃいますよ♪
っていうか、オカメみたいなモデラーなら、もう無条件で買っちゃてるでしょうね (^^ゞ






モデルアートさん!今回もオカメにはもったいない程オーバースペックな、素敵な本をありがとう!!


最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動